江戸城



江戸城の歴史を訪ねる。(画像は登城してからです)
P1000084.JPG


江戸城
通称: 千代田城

城郭構造: 輪郭式平山城

天守構造: 連立式層塔型5重5階地下1階[出典 1](1606年築)
      独立式層塔型5重5階地下1階(1621年再)
独立式層塔型5重5階地下1階(1635年再)
(いずれも非現存)

築城主:太田道灌

築城年: 1457年(長禄元年)

主な改修者: 徳川家康、秀忠、家光(江戸期)
       宮内省・宮内庁(明治以降)

主な城主: 太田氏、後北条氏(戦国期)
徳川将軍家(江戸期)
天皇家(明治以降)

遺構: 現存櫓・門、石垣・土塁・堀

指定文化財: 国の重要文化財(桜田門、田安門清水門)

再建造物: 富士見櫓、伏見櫓・多聞櫓桜田巽櫓、和田倉門


江戸城は、現在の隅田川河口付近にあった麹町台地の西端に、扇谷上杉氏の家臣

太田道灌が築いた平山城である。近世に徳川氏によって段階的に改修された結果、

総構周囲約4里[出典 2]と、日本最大の面積の城郭になった。

徳川家康が江戸城に入城した後は徳川家の居城、江戸幕府の開幕後は幕府の政庁

となる。明治維新後の東京奠都で宮城(きゅうじょう)・皇居となった。以後は

吹上庭園が御所、旧江戸城西ノ丸が宮殿の敷地となっている。その東側にある

旧江戸城の中心部である本丸・二ノ丸と三ノ丸の跡は皇居東御苑として開放

されている。南側の皇居外苑と北側の北の丸公園は常時開放され、それらの

外側は一般に利用できる土地になっている。



日本の「城」巡りTOP


posted by oojijisun at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。